20160403 スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Sunday
  • -

20160403 サボってました


様々なお知らせをすっぽかして来ました。

とりあえずかいつまんで↓

Book Lovers展に参加しました。
風野湊さんの短編集『永遠の不在をめぐる』第二版の組版を担当させて頂きました。
・4/1でこれは物語ではない5周年突入しました。いつもありがとうございます。
サイト改装に向けたアンケートを設置しました。ご協力をお願い致します。
・お遊びでキャラクター人気投票を設置しました。こちらも宜しければ。
・5/1の文学フリマに出ます。
・今はact.5の続きを書きつつ、前々からやりたかったwordpress導入に向けてフレームワークから組み直しています。


ブログの更新サボっちゃうのは小説・作品紹介・イラスト・ブログに全て違うサービスを使っているせいだと思うので、wordpress一本化したら更新が楽になるかなという魂胆でサイト改装に取り組んでいます。
まあ、とりあえず、まだまだかかると思いますので、暫くは現状のままです。

今後共当サイトおよび山川夜高をよろしくお願いします。



最近こればっかり聴いてる

The Sea And Cake - afternoon speaker / Oui


Don Caballero - Fire Back About Your New Baby's Sex / American Don




不思議なノイズが聞こえると思ったら、エアコンの排気口にクマバチが入ろうとホバリングしていた。


20151104 新作『あげぱん』初売りでした


ブログがご無沙汰になってしまうのがいつも悲しいです。
ただ、一度書き始めるとだらだらと書き連ねてしまうのが性分で。

個人サイトの「アジト」を私は愛しています。インターネットのジャンクな闇を私は楽しんでいます。
サイトやブログという、ノックをしないと扉の開かない個人空間を気に掛けてくださり、本当にありがとうございます。
作り手としては、そういう方々こそずっと大切にしていきたいと思っておりますので、
今後共変わらぬご愛顧を頂ければ、たいへんに幸いでございます。
ご恩はきっと返します。




■ 11/1〜11/3の多摩美芸祭が終わりました。
学生でもないのに、多摩美文芸部に無理を言って、
作品集『あげぱん』を置かせて頂きました。




現部員にも、同級生らにも、通りすがりの方にも、お手にとって頂けて本当に嬉しかったです。

それから『あげぱん』内で私がCDレビューを掲載した、ポエトリーリーディングバンド
四角シャボンのメンバー・加藤さんが『あげぱん』を引き取ってくださりました。
わざわざ山奥の大学まで足を運んで頂き、本当にありがとうございました。
四角シャボンの楽曲はアルバム『単色の世界』特設サイトMySpaceで試聴できますので、ぜひぜひ、この機会に聴いてみていただけたらと思います。
(『She』『River』はこれものact.3『greysky』『プスヌシル』を書く頃か、書いた後かに聴いて、深い衝撃と冠名を受けました。)

あと世話になった教授にもなかば無理に買わせてしまいました。
ご結婚されたというのにお祝いを伝えそびれてしまった。

お会いできた方々みな元気そうで何よりでした。


『あげぱん』編集者として、
掲載作『ミッドナイト・ヘッドライト』作者として、
沢山の方に書籍を気に掛けて頂けたことをたいへん嬉しく思います。
本当にありがとうございました。



■ 次は11/15(日) COMITIA114ですね。




あげぱん、スイマー既刊山川既刊委託販売を2ブースで展開させて頂きます。
コミティア会場限定でShe Sells〜のための新作無配『smoky, small town.』のご用意もありますので、ぜひ足を運んで頂ければと思います。(しかしたぶん通販にもお付けします)

新作について詳しくは、ミッドナイト・ヘッドライト特設サイトをご覧ください。


手売り販売は大好きです。好きな作品を買いに行って、好きな作者の方に会えますし、
作品を手にとって貰える瞬間はとても嬉しい。
11/15も楽しめたらなあと願っています。
どうぞ宜しくお願いします。

……もちろん通販もご用意しますよ!






作品に関する打ち明け話はまた別の機会に。


20150413 act.5『lull』


これは物語ではない
act.5 141016の夜から朝へ
『lull』 for PC / for MOBILE



凪いだ日。子供達は船旅に出る。


* * *


PC版ページ libsy.web.fc2.com/disstory/ を調整しました。
スマートフォン表示の文字が大きく読み易くなったかと思います。
PCサイトとモバイルサイトを統一したいので、モバイルサイトからコンテンツを順次移行していくつもりです。
とは言えドメインの引っ越しやタグの書き換えは来年になりそうです。


とても半端な区切りですが、先述(3/31)の次回作云々で本編更新はしばらく滞りそうです。
合わせて、以前からアナウンスは行っていましたが、しばらくのあいだ作品通販を停止致します。
5/4のコミティアでVANITASの委託販売をさせて頂きますので、後日改めてお知らせします。
色々今しばらくお待ちください。


私生活の方は日々それなりと言ったところです。
想像していたよりはるかに、死なずに暮らしていくことは、難しいことなのかも知れないと思います。
それについて気に病んではいませんので、もし心配された方がいらっしゃれば、お気遣いありがとうございます、私は程よくやっていけそうです。


スピッツ / 夢じゃない


20150331 お礼とこれからについて


2月から3月にかけて、卒業制作展にご来場頂き・お気に掛けて頂き、ありがとうございました。
書籍と違い絵は展示出来る機会が少ないので、いずれ数年内に個展などを開き、また観て頂きたいと考えております。
奇妙なことに、4年間美大の油画専攻に在籍しながら、卒業制作の絵画を通じてやっと「絵を描いても良いんだ」という肯定感を得、絵という表現の可能性をようやく確信しました。絵を描かない方からすれば「美大の油画に入学しておいて何を今更」「なぜ今まで油画を専攻していたのか」「信じられない」と思うことでしょう。ですが何かを専門に修めようとするには、ただ好きなだけではやり通せないのです。自分の世界に篭もらずに世相を俯瞰し、その上で自分自身の確固たる意思がなければ継続することが出来ません。そして4年かかってようやく、絵を描くことに対する可能性を発見しました。ようやく絵を信頼できたと言い換えても良いと思います。

どうして物を作らなければならないのか、過去にも現在にも大量の作品が生み出されているなかでどうして自分がこれを行わなければならないのか。答えも出ていなければ確信もしきれません。それで飯を食っていくのかという問題も今はまだ保留にしています。ですがこれからもなんとか作り繋いでいきます。少なくとも今年・来年ぐらいまでスケジュールは出ています。笑


・文芸部OB本
OB会つくりました。早くて今年11月にアンソロジーを発行します。
小説と装丁とあと印刷見積もりだとか場所取りだとか、いつもの幹事のお仕事をやります。
ジャンクでハッピーな本になるといいなと思います。宜しくお願いします。
『ミッドナイト・ヘッドライト(仮)』:20世紀、19歳、上京、コピーバンド在籍、偶然声を掛けた相手は音楽しか持ちあわせていない偏った天才だった。

・アンソロジー参加
お声掛けを頂き参加致します。こちらもどうなるか、とても楽しみです。
タイトル未定:華氏451度で焼いた焼肉は美味い! とかそういう話になりそうです。ブラッドベリは短篇集しか読んでいません。相変わらずパロディをする割に調べが足りない。このアンソロジーはお題が用意されているのですが守る気配が無い。主催の方がこのブログ読んでたらどうしよう。

・『これは物語ではない
どうして在学中に完結しなかったのかとつくづく思いますが、答えは明白、他の本を作っていたからです。You ain't read nothin'yet!!! (と、作中の誰かなら答えます)


卒業に伴い、スイマーズの活動をお休みします。
もう少し身辺が落ち着いたら、今ある在庫をショップ等に委託し、引き続き販売出来るようにします。今しばらくお待ちください。


まあまあまあ……


もう少し先のこととして、告知したいのがこちらの2件です。

・個展開催

・短篇集を発行
『星降る昼』『手紙』『誰よりもシュシュじゃない』など既発表作品に書きおろしを合わせて収録。『私の彼らの状景』もリライトして掲載予定です。こちらはまだまだ、楽しみに、お待ちください。


まあ……

4年という歳月について冒頭に書きました。日々はあっという間でしたが、決して短くはありませんでした。高校生の時だったら信じられないくらい多くの人々に出会いました。WWWの恩恵もヘドロも身に沁みて味わいました。フットワークはいつでも軽かった訳ではありませんが、それでもたいへんな自由を満喫しました。
出会えた人々と出来事に何度でもお礼申し上げます。


明日『これは物語ではない』が5年目を迎えます。
作品も、私の制作も、まだまだ続いていきます。
今後共お付き合い頂けると幸いです。これからもよろしくお願いします。


20150302 act.5『流浪のクッキー職人』


これは物語ではない
act.5 141016の夜から朝へ
『流浪のクッキー職人』 for PC / for MOBILE



ホズミ、とうとうお前にも、この話を語る時が来たようだ。


* * *


卒制展のうち、五美大展が終了しました。
観に来て下さった方、どうもありがとうございます。
そしてこれからの「TARGET」展、学内展も合わせて宜しくお願いします。
(開催情報は先日のブログ記事をご覧ください。)


本当は言いたいこと、伝えたいことが沢山浮かんでいたのに、
いざノートやPCの前に向き合うとふっと消えてしまいます。
そんなところです。


そういえば1月の末に台湾に行ってきました。
インスタグラムに写真を掲載していますので、そちらをご覧ください。
あの経験はあまり言葉で語るものでもないと思います。
あ、飯はめっちゃ美味かったです。めっっっっちゃ美味かったです。


フラッシュワープ / FoZZtone


20150222 卒業制作展のお知らせ





卒業制作展を都内各所で行っております。
販売予定のない作品・現物展示が容易でない作品を中心に、展示を行います。
特に絵画は、大きさ・絵具の層の分厚さ・筆跡・鑑賞時の距離感など、写真では伝わらない情報を多大に含んでいます。
ぜひ足を運んで頂ければと願います。


2015.02.19(木) - 03.01(日)
東京五美術大学連合卒業・修了制作展
国立新美術館 (乃木坂/六本木)
2階2C展示室 多摩美術大学
美術学部絵画学科油画専攻グループ3

※ 終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。




絵画『シグナル / 不在の朝


2015.03.11(水) - 03.15(日)
TARGET 多摩美術大学絵画学科油画専攻有志卒業記念展
府中市美術館 1階市民ギャラリー (東府中)
書籍『沈黙』『■■■』(旧作のみ展示)
(サイト構築・運営のお手伝いをしております)

※ 終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。


2015.03.21(土) - 03.23(月祝)
多摩美術大学美術学部卒業制作展
多摩美術大学八王子キャンパス (橋本)
絵画東棟・2階 205教室
絵画『シグナル / 不在の朝
書籍『枯渇


また開館時間・閉館時間は各ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願いします。


20150215 ページトップ広告排斥のための更新





Playlist for ■■■





Playlist for She Sells~


あけおめの挨拶も出来なかった。

上記は小説のためのコンピレーションアルバム遊びの産物です。
小説のお供に、とまでは言いませんが、おつまみ程度にどうぞ。

webサイトも(レンタルサーバーから「更新したほうがいいよ」と通達が来たので)ちまちま更新しています。
works : 絵画『動的均衡』『シグナル / 不在の朝』を掲載しました。
profile : 展覧会情報を掲載しました。

色々と私事で慌ただしいです。
落ち着いたらwordpressでwebサイトとブログを一本化したいと考えています。

ことよろなのです。


20141215 act.5『親愛なるKに捧げる』


これは物語ではない
act.5 141016の夜から朝へ
『親愛なるKに捧げる』 for PC / for MOBILE



お元気ですか。お久しぶりです。


* * *


7月28日ぶりの更新でした。マジかよって感じです。2011年の更新頻度が冗談のようです。
(2011年は学業をサボりまくって+書籍作品の発表がなかったためのあの作品数でした)
この調子だと大学卒業までにはとうてい終幕しないでしょう。
act.10までには至らないと思います。あと3幕程度で一息つけるのではないでしょうか。しかしact.5も先行き厳しいのです。


これもの「本編」各ページの末尾に更新日(初出日)を掲載しました。
更新ペースのムラが浮き彫りになります。
イベントでの定期的な書籍の発行と、webでの連載物の両立はほぼ不可能ということが分かりました。難しいですね。

また「本編」装丁もといwebデザインの改良も続けています。


酔っ払った勢いで発行した2014年新作予告掌編集『水色の火事に呑まれる』全文公開しました。

空室』 → これは物語ではない 本編
水際の眼』 → 入江にて(VANITAS)
虹色に翳む夜』 → ■■■


近代文学でKという人物が苦悩と不条理に苛まれるのは何故でしょうか。
夏目漱石 : 割腹(でしたっけ)
梶井基次郎 : 入水
フランツ・カフカ : どうあがいても新しい職場に辿りつけない

『城』は未読です。疲れました。


20141123 第19回文学フリマのお誘い


11月24日(月祝)に「文学フリマ」というイベントがあります。

「文学フリマ」とは文学作品(小説・詩・雑誌・批評に限らず「文学」だと思うもの全て)の展示即売会で、
アマチュアからプロ作家まで参加する 本屋/セレクトショップ/文化祭/蚤の市(=フリマ) のようなイベントです。
文学フリマはだいたい年2回開催され、今回(2014年11月24日)で19回目を迎えます。

従来の書籍の型に収まらない独創的な作品が見つかるかも知れません。
本好きの方には是非とも足を運んでみて頂きたいイベントです。


第19回文学フリマ 開催情報

■ 2014年11月24日 11:00-17:00
■ 東京流通センター第2展示場
(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)
■ 入場無料!


詳細は文学フリマ公式webサイトをご覧ください。
また、出展作品を文学フリマwebカタログで事前にチェックすることが出来ます。


私も会場2F 「スイマーズ」(ブース番号:エ-15) に出展しています。
新たな読書のきっかけに、ぜひ「文学フリマ」にお越しください。





スイマーズの本 新作・旧作合わせて3種類あります。
立ち読みもOKですし、何となく「ジャケ買い」するのが正解かなと思います。

新作『VANITAS
旧作『スイマー 完全版
旧作『スイマー Vol.2




山川夜高『これは物語ではない』スピンオフシリーズです。
『これもの』を読んでなくてもお楽しみ頂けますし、
書籍を読んだら必ず『これもの』読まなきゃいけない訳でもないです。

画面左『She Sells Sea Shells by the Seashore
画面右『■■■


各作品紹介











会場2階のこの場所でお待ちしています。
当日お会いできるのを楽しみにしています!








20141101 多摩美芸術祭のご案内




2014.11.01~03
多摩美術大学八王子キャンパス芸術祭


◎ 共通教育センター

・地下1階「かきもの」

作品:
『動的均衡』
『意味を抱えずただ存在するひとひとりにちょうどいい物体の永久の試作品』

販売:『VANITAS』400円
(佐藤芙有の絵画、『VANITAS』装画の上原悠里の原画も展示しています)


・4階 404教室「文芸部」

販売:『T時B分 vol.3』600円
(新作『私の彼らの状景』収録)

立ち読み:『VANITAS』『スイマー 完全版』『スイマー Vol.2』『沈黙』『』『She Sells~』『■■■
(販売は行っていません)




◎ フリーマーケット・情報芸術学棟前「文芸部」

販売:『T時B分 vol.3』600円
販売:『VANITAS』400円

(ほか部員作品の販売)

雨天の場合、共通教育センター4階「文芸部」へ販売場所を移動します。


◎ 会場アクセス

京王線/JR線「橋本駅」
北口から「多摩美術大学」行きバス
所要時間10分 180円

主な会場となる共通教育センターは学内で一番険しい坂の上にあります。
バスでも徒歩のご来場でも、歩きやすい靴でお越しください。

道に迷いましたらご連絡ください。
mtn.river.sy(アットマーク)gmail(ドットコム)
ツイッター @mtn_river


尚どこかのフリーマーケット「マスカットココナッツバナナメロンブーメラン」で、『文芸思潮WAVE』(これは物語ではない掲載回) のサイン本が売られています。
3日間、どうぞよしなに。

(11/1 23:30 地図を改訂しました)


| 1/4PAGES | >>

liblog

libsy.web.fc2.com
Written by.
Yodaka YAMAKAWA

websitetumblrtwilog
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

categories

qrcode

PR


Powered by JUGEM